tracMo(トラクモ)

カートに商品がありません。

現在の中身:0点

out
 
 

トップ > tracMo > tracMo(トラクモ)

失くせないモノがあるすべての人へ。
世界初Bluetooth®5を搭載した、なくし物防止・発見デバイス
「tracMo(トラクモ)」

Tracmo

tracMo(トラクモ)

 

tracMoとは?

tracMoは、世界初Bluetooth®5を搭載し、かつBluetooth®Meshに対応することにより、今までよりも広い範囲で失くし物の発見や追跡を可能にしたBluetooth®トラッカーです。


開発中のtracMo Mesh Station(※tracMo Mesh Station参照)と連携することで、様々なシチュエーションで失くし物の追跡、発見を可能にする、トラッカーの決定版です!


失くしたくない、よく見つからなくなる、そんなものにtracMoを取り付けてください。




 

tracMoの主な機能

 
◆アウトレンジ・インレンジアラート

アウトレンジアラートとは、tracMoとスマートフォンが一定距離離れるとアラートが鳴る機能です。忘れ物防止に効果を発揮します。インレンジアラートとはtracMoとスマートフォンが一定の距離まで近づくとアラートが鳴る機能です。tracMoを鳴らすことができるので、探し物をする際に便利です。
 


 

◆tracMoを鳴らす、スマホを探す

小銭入れが見当たらない・・鍵がどこかの書類の陰に隠れてしまって見つからない・・テレビのリモコンがない・・・そんなとき、tracMoが付いていればスマートフォンを操作してtracMoを鳴らすことができます。


一方で、tracMoはあるけれど肝心のスマートフォンが見当たらない・・そんなときはtracMoのボタンを押してスマートフォンを鳴らして探すことができます。スマートフォンがマナーモードになっていても大丈夫です。


 

◆紛失場所の記録と履歴表示

万が一、アウトレンジアラートに気付かずに、大切な物を失くしてしまった場合は、tracMoアプリ上で失くした場所とその時間が確認できます。

これにより、大切な物をどこに置き忘れたのかを確認することができます。会社に忘れた気がするけど・・本当にそうかな?といった心配をすることもなくなります。

また、失くすまでの移動履歴(場所と時間)を確認することもできます。


 

◆信頼できる人への位置情報の共有

大切な物にtracMoを取り付け、それを複数人で管理することができます。誰か信頼できる人に共有し、その人がtracMoアプリをダウンロードすれば、対象物の位置情報を共有することができます。共有されたアイテムはマップ上で一覧表示することができます。

※この手続きは持ち主Aさんが共有したい相手のBさんのeメールアドレスに招待メールを送り、Bさんがそれを承認した場合のみ使用可能になります。




 

tracMoはここが凄い!


 ◆失くし物の捜索範囲が広い!

◆tracMo Mesh Stationとの連携が凄い!

◆特許申請中の技術でかなりの節電に成功!

◆電池交換可・防水・防塵も対応!

◆IoTのスイッチにもなる!


 

◆コミュニティーサーチ

tracMoはGPS機能を搭載していませんが、他のtracMoユーザーが失くし物の近くを通った場合、その時の位置情報が更新され、持ち主に通知される仕組みになっています。費用はかからず、なくし物の発見、追跡を可能にするこの機能が「コミュニティーサーチ」です。
 

これにより個人情報が他人に知られてしまう事はありません。


 

Bluetooth®5のメリット

「コミュニティーサーチ」のような、他のユーザーの力を借りて失くし物を探すというコンセプトは、かなり前からあります。この仕組みを実現するには他のユーザーが、失くし物のBluetooth®の範囲内(捜索範囲)に入る必要があります。
 

今回tracMoでBluetooth®5を採用した理由の一つは、この「捜索範囲」を広くするためです。理論上、Bluetooth®5の電波到達距離は、Bluetooth®4の4倍、つまり16倍の面積をカバーできる見込みであると言われています。


 


 

tracMo Mesh Station



 

※上記は開発中のイメージです。


tracMoは単体でも失くし物防止・発見システムとして機能します。しかし、tracMo Mesh Station(トラクモ・メッシュ・ステーション)を使用することにより、あらゆるシーンでのみまもり対象の発見・追跡が可能になります。


tracMo Mesh Stationは、スマートフォンを使用せずに受信したtracMoメッセージをクラウドサーバーに報告することができる低コストのコンセント付きBluetooth®5+Wifiモジュール内蔵デバイスです



<例えばこんなことができます。>


◆ご自宅に設置した場合
 

1.例えばリビングやベッドルールなど複数のtracMo Mesh Stationを設置することによって、紛失物がどの部屋にあるのかおおまかな特定が可能になります。

2.お子様が外出した際、帰宅した際にお知らせをするなど、入退出センサーになります。

3.外出時に電気を消す、帰宅時に電気を付けるなどIoT家電などのスイッチになります。(※スマートホームのスイッチに参照)
 


 

◆例えば屋外でのみまもりシステムに応用
 

1.オフィス、学校、ケアセンターなどに設置し、みまもり対象の到着、出発の識別センサーとして使用できます。


2.みまもり対象の通過チェックポイントとして使用できます。下の図のように、みまもり対象がtracMo Mesh StationA→Bに移動すると、ほぼリアルタイムでその情報が更新されます。街の中にいくつかのtracMo Mesh Stationをチェックポイントとして設置することで、みまもり対象の発見・追跡が可能になります。
 


 

◆例えば大きなショッピングモールや病院、地下鉄でも
 

tracMo Mesh Stationを各フロアや各売り場、インフォメーションカウンター等に取り付けることにより、落し物・迷子発見システムが実現可能です。
 


 



 

省電力化、電池交換可能、防水性能


◆省電力化、電池交換可

tracMoは電池交換を可能にし、使い捨てではない製品を目指しました。アメリカで特許申請中の技術により、電池はボタン電池1個で最長1年半を実現。また、スマートフォン自体のバッテリー消費も抑えることに成功しました。
 

◆IP55の防水性能

tracMoは防塵・防水性能としてIP55を実現しました。完全防水ではありませんが、通常利用の上では十分な防塵・防水性塗です。各保護等級の保護の程度は以下の通りです。
防塵性能:機器の正常な作動に支障をきたしたり、安全を損なう程の量の粉塵が内部に侵入しない
防水性能:あらゆる方向からの噴流水によっても、有害な影響を受けない。


◆常に最新のtracMoにアップデートできます。

tracMoはOTAによりスマートフォン経由でファームウェアを更新できます。これにより、tracMoを買い替えることなく常に最新の機能をご利用いただけます。


 



 

tracMoはこんな使い方もできます。

 
◆Alexa対応

tracMoを取り付けた鍵が見つからない!部屋の中にはあるはずなのに!そんな時はアマゾンアレクサに聞けばどこにアイテムがあるか教えてくれます。(※詳しくはFAQをご確認ください。)



 


 

◆スマートホームのスイッチに

tracMo Mesh Statioのパートでも少しご説明しましたが、tracMoは、各種webサービスや、IoT家電を操作することが可能です。tracMo Mesh Stationもしくは、IoTスイッチとして使用する為のtracMoを一つ家に置いておけば、スマートホームの簡単なスイッチにもなります。到着時に電気をつける、外出時に電気を消す、または到着時にLINEのメッセージを送るなどもの設定も可能です。
(※対応する電球や、Webサービスの設定が必要です。)
 


 


 

◆例えば、家族のスマホの位置の確認

tracMoアプリでは、tracMoデバイスだけでなく、スマートフォンの現在地や移動履歴の確認をすることができます。

それを事前に共有することによって、スマートフォンを失くした場合でも、共有した人のアプリから失くしたスマートフォンの現在地をほぼリアルタイムで確認することができます。

また、この仕組みにより、例えばお母さんが子供たちのスマートフォンの現在地や履歴を確認することができます。



 

tracMo製品仕様まとめ



 

サイズ 35mm×35mm×9mm  
重量 約8g (電池含む)
バッテリー  CR2032 ボタン電池1個で稼働
対応OS iOS:iOS9以降でBluetooth®スマート対応
Android:Android5.0以降でBluetooth®スマート対応
防水性能 IP55
希望小売価格   3,780円(税込)
 


 

tracMoカラーラインナップ


tracMoはホワイト・シルバー・アンティークカッパー・ブラックの4色展開です。美しいカーブのボディです。アンテナの感度などの機能面も考慮した上で、更に手にしたときの満足感を求め、色味と形状にはこだわりました。



 

開発チームについて

Tracmo,Inc.

Tracmo,Inc.はアメリカデラウェア州に拠点を置くIoT開発会社です。Tracmoチームはこれまで培ってきた高い技術力と豊富な経験を生かし、IoTデバイスの設計から開発まで一貫して行っています。最先端のBLE(Bluetooth® Low Energy)とクラウドネットワーク技術を通じ、よりスマートなライフスタイルをお客様に提案します。

また、Tracmo,Inc.の親会社であるQblinks,Inc.は、2014年に設立されてから多数のBLE特許を取得しております。Tracmo,Inc.はQblinks社のサポートも受けながら、Bluetooth®トラッカーおよびスマートホームデバイスの研究開発に注力しています。



 

FAQ

  • Q:スマートフォンがBluetooth®5に対応していませんが、tracMoは使用できますか?
    A:はい。ご利用いただけます。スマートフォンとtracMoデバイス間はBluetooth®4でも通信することが可能です。しかも「コミュニティーサーチ」時はtracMoデバイス同士が直接通信をして捜索しますので、スマートフォンがBluetooth®5に対応していなくても今までよりも広い範囲で失くし物の発見が可能です。


  • Q:AlexaでどのようにtracMoを見つけられますか?
    A:Alexaに向かって“アレクサ、トラクモを開いて” または “アレクサ、トラクモスタート” と聞いてください。AlexaがtracMoデバイスを見つけてくれます。   

  • Q:製品に対する保障期間はありますか?
    A:はい。1年以内の自然故障に対する補償があります。ただし、事故による破損や水濡れ、ボタン電池の不具合は補償対象外となります。

  • Q:tracMoはどのようにIoTデバイスのスイッチになるのですか?
    A:tracMo は現時点でAlexa,IFTTT, Nest,Samsung SmartThings, Philips HUE, LIFX, ZapierそしてMuzzleyと連動します。前もってスマートフォンアプリで設定を行うことによってtracMoをIoTデバイスや各種webサービスのスイッチとして使用することができます。

それでは実際のアプリ画面を見てみます。ここではPhilipsのHUEの設定してみます。左のように到着時、出発時それぞれにどのような動作をするかをあらかじめ設定しておきます。

※この設定には、自宅に置きIoTスイッチとして使用するtracMoが1個、もしくtracMo Mesh Stationが必要となります。

 
  • Q:OTAとはなんですか?
    A:Over the air の略で、この機能によりスマートフォンのOSアップデートのように、tracMoデバイス自体のファームウェアアップデートができます。これによりtracMoを買い替えることなく、常に最新の機能をご利用いただけます。


 

商品名 : tracMo(トラクモ)

メーカー名 : Tracmo
型   番 : 独自商品コードが入ります
価   格 :

(税込)

数   量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー

選択
ブラック
ホワイト
ゴールド
シルバー